2018年10月(神無月)

​寒露(かんろ)10月8日頃

草木に冷たい露が降りる頃。秋もいよいよ本番です。

山の木々は紅葉の準備に入り、菊の花が咲き始めます。菊祭りに出かけるのも良いですね。

江東区では亀戸天神の菊祭りが有名だとか。

稲刈りが終わる頃。9月下旬から新米が出回りはじめ食欲の秋を楽しむ、そんな時期です。

2018年11月(霜月)

​霜降(そうこう)10月23日

​立冬(りっとう)11月7日

草霜降とは、朝晩の冷え込みが増し、霜が降りる頃。冬が近づいてきます。

すっかり日が短くなったと思いませんか?

そして立冬。木枯らし、落葉、初雪の知らせもちらほらと。

本格的な寒さに備えて「こたつ開き」の時期なんですって。

旬は「秋鮭」産卵のために川に戻ってくる鮭です。

そうそう。酉の市も開かれます。熊手は金銭をかき集めるという縁起物。

豊洲市場の近く、江東区では門前仲町の「富岡八幡宮」が有名です。

今年は一の酉11月1日。二の酉11月13日。三の酉11月25日。だそうです。

今年も威勢のいい三本締めが冬の空に響くのでしょうね。

風邪には気を付けて、寒さを楽しみましょう。

2018年12月(師走)

​小雪(しょうせつ)11月22日

​大雪(たいせつ)12月7日

小雪は雪の降り始めの頃のこと。日ごとに寒さが増してくる頃ですね。

お歳暮の準備をする目安にもなっています。

葉を落とした木々。不老不死の実と言われる橘(柑橘類の総称のこと)も熟す頃。

そして大雪。本格的な冬です。里にも雪が降り積もる時期。

正月の準備で忙しくなります。

日本はクリスマス、忘年会、年賀状、お歳暮・・・何かと忙しい時期ですね。

茂助だんご豊洲本店では、和菓子店ですがクリスマスツリーを飾りました。

​だんごや蒸しどらなどのフェルトオーナメントはスタッフの手作りなんですよ。

​©2018株式会社福茂 (築地・豊洲・銀座)

 webmosuke@fukumo.jp

おかげさまで壬日